header

日本の水道水硬度の約半分。
軟水は日本風土に合っており、毎日の飲料・日本料理・赤ちゃんのミルク用に向いています。
そしてenergy waterはクラスター72Hzと小さく、界面活性力2倍、酵素活性1.37(水道水比較)と高いのでサラサラと喉を通り、身体が吸収していきます。

硬度29mg/L〔 2008年検査29mg/L (WHO軟水基準0~60mg/L) 〕

<日本有数の降雨地 / 伊豆天城山麓・伊豆の国>
静かな伊豆の山々の森林、岩石、土は、雨や雪を長いときをかけて、地中深くろ過し育んでいきます。
バナジウム、ケイ素など天然ミネラルが溶けこみ、まろやかでほんのり甘みのある、ご家族で楽しめる天然水です。

energy Waterの特長

バナジウム V 16μg/L (2008年検査)

生体内で健康に役立つ作用があると考えられている超微量元素。
通常の食事からの摂取は6-18μg/日、その約5%が体内に吸収されるとみられています。
体内にも腎臓・肝臓・骨髄・骨などに存在しているようです。
バナジウムを多く含む食品には、ひじきなどの海藻類、アサリなどの貝類があります。

ケイ素 Si 18mg/L (2008年度検査)

骨、腱、血管、歯、爪などの組織に多く含まれ、コラーゲンの維持、免疫機能強化の働きをするミネラルといわれています。
植物繊維のペクチンや玄米などの未精製穀物、野菜や豆類に含まれています。